SHOEHURRY!、NATIONS TV、
バスケビジネス情報はここからチェック

  • HOME
  • INTERVIEW
  • 欧州挑戦へのファーストステップ 課題と手応えとは?|SHOEHURRY! EURO CHALLENGE

欧州挑戦へのファーストステップ 課題と手応えとは?|SHOEHURRY! EURO CHALLENGE

欧州挑戦へのファーストステップ 課題と手応えとは?|SHOEHURRY! EURO CHALLENGE

『判断力』の高さが段違いだった欧州バスケ

──お疲れさまでした! スペイン、イタリアと約10日間練習参加等をした日程でしたが率直な感想を教えて下さい

KOSUKE
お疲れさまでした。そうですね、スペインではまず『LEB ORO』という2部リーグにあたるカテゴリーに所属しているReal Canoe N.C.というクラブにメインで練習参加させてもらって。その下のカテゴリーにあたる『EBA』のAlcobendasというクラブでも練習しました。その後イタリアでは『セリエB』所属のValmontoneというクラブにメインで練習参加させてもらって、『セリエC』のクラブにも練習参加したりと、短い期間でしたがかなり良い感触が得られました。

──これまでもアメリカやカナダ等の海外でプレイする機会もあったと思いますが、何か違いみたいなものは感じましたか?

KOSUKE
そうですね、まず2部だろうと4部だろうと、どのカテゴリーでもみんな背がデカイというところと、その上でコンタクトの強度みたいな部分も北米とはまた違った高さみたいなものがあって、それが印象的でした。あとは、やっぱりノーマークのシュートは確実に決めてくるなというシュート力の違いと、そのノーマークを作るための『判断力』の高さが段違いだったなと感じました。

SHOEHURRY! Instagramをフォロー

カテゴリーに関係なく高いレベルを求められる『戦術遂行能力』

──実際に1部の試合観戦もして、トップのカテゴリーから下部のカテゴリーまで同じことを徹底してくるという戦術の成熟度の高さみたいなものがありました

KOSUKE
本当にその通りで、カテゴリーに関係なくセットのコールをするし、必ずノーマークを作るために5人が有機的に動いて、戦術を遂行しているというのは印象的でした。カテゴリーによって体格の差はもちろんあるんですけど、何よりもどのカテゴリーでも皆がしっかりと連携して動けているなという点はすごく日本との違いを感じました。

──スペイン、イタリア全クラブを通じて共通したシーンがあったのですが、短期間の練習参加にも関わらず、メニューやセットの指示やフォローみたいなものをクラブ側がかなり細かくサポートしてくれているのが印象的でした

KOSUKE
そうですね、スペインでもイタリアでもどのクラブでもそうだったんですがコーチがしっかり複数人いるというのが大きかったのかなと。ゲストとして僕が練習参加していても、HCを始めとして毎回の練習メニューに対してすごく説明をしてくれたり、選手ももちろんマメに声をかけてくれたりして。向こうもホスピタリティが高いというか、僕に対してやりやすいように接してくれたり、良い場にしてくれるようにサポートしてもらえたことは非常に嬉しかったですし、僕にとっては良い環境でしたね。

日本人の速さは大きな武器になる

──プレイの面ですが、サイズやシュート力という足りない面を感じたということでしたが、逆に通用するなと感じたりアドバンテージがあるなと感じた点は?

KOSUKE
やっぱり、日本だと僕はあまり速いという部類には入らないと思っているんですけど。まぁ、速いっちゃあ速いのかもしれないんですけど僕よりも速い人なんていくらでもいると思っているんで。その中でもヨーロッパの中での僕の印象は『速い』っていう印象なんだろうなと。

──速さの面はアドバンテージがあるなということですね

KOSUKE
そうですね、速さの部分では僕に付いてこれる人はいなかったですけど、逆にチームディフェンスとしてローテーションだったりカバーの位置取りの仕方だったりとかが徹底されているので。徐々に対応されていく上では、そことの勝負という感じでしたけど、日本人の速さの面では武器になるなというのは非常に感じましたね。

欧州での活動を視野に入れてしっかりと次の準備をしていく

──今後の方向性について教えて下さい

KOSUKE
今回の『SHOEHURRY! EURO CHALLENGE』を通じて、自分なりに必要なことと進むべき方向みたいなものは見えてきたので。欧州にしっかりとまとまった期間滞在して、欧州のバスケットを更に知っていくということと、言葉の面もそうですけど、自分がもっと強くならないと行けないなと感じたので。次のステップに進む上では、まずは欧州に身をおいてチームも含めて具体的な話に向けて準備していきたいなと思っています。

SHOEHURRY! Instagramをフォロー

KOSUKE選手の欧州挑戦はSHOEHURRY!Instagram SNSをチェック。
本人の挑戦と応援及びフォローよろしくお願い致します。

また北米欧州への『バスケ留学』や『海外挑戦』に興味がある方は以下メールフォーム、InstagramのDM、LINE公式アカウントへのメッセージ等でお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはコチラ

関連記事